交通事故による手・腕・肘・膝のケガ

  • 事故後、手や腕があがらなくなった
  • 骨に異常がないと言われたけど痛みがある
  • 自転車で交通事故に遭い、足首や膝を負傷した
  • 骨がついたのに動かすとまだ関節が痛む
  • 病院で捻挫と診断され湿布・痛み止めしかもらえない

交通事故による手・腕・肘・膝のケガはアクア整骨院グループへ

交通事故に多い手や腕のケガ

交通事故で2番目に多い怪我が、手や腕のケガです。
バイクや自転車、歩行時に車やバイクと衝突した際に、腕を直接ぶつけたり、ハンドルを握った手首の怪我や、転倒した時にとっさに手をついて骨折、脱臼、捻挫、打撲をしたりします。
病院では、明らかな怪我はしっかり処置されますが、レントゲンで異常が見られない、捻挫・肉離れ・筋肉・筋膜の症状は、患者さん本人も軽く見がちなので治りにくかったり、いつまでも不調が続いたりします。

交通事故でよくみられる足・膝・足首のケガ

膝の打撲や足首の捻挫、太ももの打撲や肉離れなどといった脚の怪我も、交通事故では多くみられる症状です。自転車と車の接触事故や、自転車やバイクの転倒、またはそれを回避しようとした際の足の踏ん張り、車の急ブレーキなど、さまざまな事が原因で起こります。

このように、事故の衝突時の衝撃や脚の踏ん張りなどは、実際に脚を直接打ったりしなくても怪我をしてしまうのです。そして、その多くの怪我は捻挫や打撲、挫傷(肉離れ)といった筋肉・筋膜や靭帯の怪我です。
これらはレントゲンでは写らない為、病院では特に治療の必要なしと判断され、湿布や痛み止めの薬のみで、適切な処置をされないままになってしまうことも少なくありません。
しかし、症状が軽くても早い段階で治療を行わないと、痛みが長引いたり、捻挫をしやすくなったり、痛みのあるところをかばおうとして他の筋肉・筋膜にも負担がかかり、また新たな痛みを引き起こしてしまいます。

交通事故による手・腕・肘・膝のケガの施術とは?

手や足の捻挫・打撲・肉離れは、レントゲン検査では異常なしと診断されることも多く、その痛みは、ご本人様にしかわかりません。当院では、カウンセリングと触診によってお身体をしっかりと診ていきます。ケガの種類・状態によって人それぞれ最もよい施術法は異なりますし、整形外科と整骨院で行える治療や施術にも違いがあるので、必要な場合には、整形外科と連携しながら適切な治療・リハビリを行います。

アクア整骨院グループの交通事故への施術

アクア整骨院グループでは、手や足の捻挫・打撲・脱臼・肉離れなどの不調を早く改善するため、軽い怪我と思われがちな筋肉・筋膜や靭帯の怪我に対しての適切な処置を行います。まず硬くなってしまった筋肉・筋膜を柔らかくする手技治療、さらに痛みを繰り返さないようなリハビリもしていきます。
もし、手・腕・足・膝の怪我の症状になかなか改善が見られないようでしたら、まずは一度、大津市・草津市のアクア整骨院グループへにご相談下さい!

TOPへ戻る