オスグッド

このような悩みはございませんか?

オスグッドで膝が痛いイラスト

  • 様々な施術を受けたけど、よくなっていない気がする
  • 思いっきりスポーツをしたいけど、痛くてできない
  • 正座やしゃがむことが出来なくてつらい
  • 全速力で走ることが難しい
  • 何ヶ月も痛みが続いていて不安
  • 成長が止まるまで上手く付き合ってと言われ、困っている

大津市|アクア整骨院グループのオスグッド施術について

成長期の子供に多いオスグッドとは??

スポーツを頑張っていて膝が痛むお子様はご注意ください!

オーバーユースの膝イメージ

オスグッドとは、正式には『オスグッド・シュラッター病』といい、小学校4年生ぐらいから中学校3年生のスポーツを 頑張っているお子様に多い症状です。
膝下の骨(脛骨粗面)が出てきて、腫れて膝を曲げるのにも痛むが出てしまう状態のことです。
オスグッドの原因としてよく挙げられるのが、成長期にスポーツでオーバーユース(使い過ぎ)をしてしまうことです。病院や整形外科では『オスグッドは成長痛だから、成長が止まるまで上手く付き合って行くしかない』という方もいらっしゃるようです。
当院ではそのようには考えていません。なぜなら、「成長期だから、オスグッドになる」としたら同じ成長期にあるお子様のチームメイトももれなくオスグッドになってしまうからです。

オスグッドの原因とは?

膝が痛いイメージ

当整骨院グループでは、オスグッドの原因は『筋肉の硬化』にあると考えています。
太ももの前の筋肉を中心とした、筋肉が硬くなることによって、膝のお皿の下の骨に負担がかかり、膝が出っ張ってきたり、痛みが出てしまうのです。

実は、ここで大事なのは『太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)だけが原因ではない』という事です。

オスグッドになるお子様は世の中に多くいらっしゃいますが、それぞれやっているスポーツも体格も違います。
ですので、筋肉が硬化しやすい・関節の動きが悪い場所も異なりますし、負担が掛かりやすい体の場所も違います。

当グループでは、今までに数多くのお子様を治療してまいりましたが、オスグッドとひとくくりに判断をされていても、その状態は全く異なります。
オスグッドに対してのアプローチで最も大事なのは、そのお子様の痛みを引き起こしている原因をしっかりと見極めることなのです。

アクア整骨院グループのオスグッド施術

当院では座った姿勢で施術を受けられる専用ベッドで施術いたします。

5つの特徴

  • 平均4.5回の施術で痛みが無くなる
  • スポーツを休まなくても大丈夫
  • 痛みが再発する事はほとんど無い
  • 簡単なセルフケアを伝授

問診イメージ

当院は、カウンセリングと検査をしっかりと行うことで、お客様にとってのオスグッドの原因が何なのかをしっかりと見つけます。原因となっている部位に対して、運動方法や体操の指導を行うことで、体の柔軟性を確保し、オスグッドをしっかりと治していきます。
施術に掛かる期間は状態にもよりますが約2週間ほどです。また、オスグッドを治して終わりではなく、スポーツを長く続けるためのケガしにくい体作りや基本的な運動能力のアップもサポートできるようなアプローチを行っています。

オスグッドに悩むお子様をもつ親御さんへ

オスグッド不安

病院や整形外科ではオスグッドだとわかると、『成長痛のようなものだから、うまく付き合っていくしかない』と考え、サポーターや電気を当てる・アイシングなどの対処療法をすすめる先生も多いようですが、オスグッドは時間をかけなくても、短期間で、痛みを緩和させることができます。
『成長痛だから、成長が止まるまではしょうがない!』
『治療を受けているにもかかわらず、痛みがなかなかとれない』などでお困りのお子様がおりましたら、
大津市のアクア整骨院グループに是非一度ご相談ください。
1日でも早く、大好きなスポーツを存分に楽しめるよう最適な施術を行わせて頂きます。

※女の子のオスグッド病は悪化する事が多く、施術に回数がかかる傾向がありますので早めにお越しいただくことをお勧めします。

TOPへ戻る