顔面神経痛

  • 額にしわを寄せられなくなった
  • 片側の口角が下がってしまう
  • 涙や唾液が出すぎる(逆に出にくい)
  • 耳の聞こえが変、耳周辺に痛みを伴う発疹が出た
  • 上まぶたを閉じれない

顔面神経痛でお悩みですか?

顔面神経痛とは?

顔が引きつったり表情がぎこちない、目の周りや頬がピクピクと動く、といった不調があったら、それは顔面神経痛かもしれません。神経痛の分類では顔面神経痛は三叉神経痛に属します。この三叉神経痛に顔面麻痺や痙攣の不調が現れた状態を顔面神経痛と呼びます。

顔面神経自体は痛みを感じることはありませんが、顔面麻痺は顔面神経の異常興奮によるもので、主に顔面神経を血管が圧迫して起こります。この顔面神経麻痺は、顔面の痛みや麻痺を伴う場合があります。

一般的に50歳以上の女性患者数が多いですが、20~30代でも発症する事があります。患者の男女比は男性1に対して女性3と圧倒的に女性に多い病気である事が分かっています。

顔面神経痛の原因

顔面神経痛の主な原因とは?

顔面神経麻痺を発症する原因は、大きく分けて末梢の障害と中枢の障害があります。
末梢の障害
ベル麻痺、ハント症候群、外傷性、腫瘍性、中耳炎性、ギランバレー症候群などがあります。
中枢の障害
脳出血、脳梗塞などの脳血管障害などがあり、中でも末梢の神経が障害されて発症するケースが多く、その大半がベル麻痺、ハント症候群です。顔面神経麻痺の60%~70%はベル麻痺、ハント症候群は10%~15%程度いると考えられています。

顔面神経痛 大津市・草津市のアクア整骨院の治療

 

当院へ来られる顔面神経痛みの患者様は、ある日突然おこった顔面の痛みやゆがみで、相当な不安やパニックに襲われ、顔面神経麻痺に鍼灸が有効である情報などを手掛かりに 当院へたどり着いて来られます。もし病院での診察がまだの方は まずは落ち着いてお近くのMRIやCT検査のできる病院の「脳神経外科」や「耳鼻咽喉科」を受診して下さい。なぜなら、多くの顔面神経麻痺は鍼適応ですが まれに脳に障害がありそちらの治療を優先しなければならない場合があるからです。病院での診断書を当院へお持ちいただければ、保険適用での鍼が可能になります。

 

当院では、整骨・整体・鍼などを組み合わせて、顔面神経やその周辺組織の血液循環の改善と、免疫力の向上を図って施術していきます。施術前には丁寧な問診と徹底した検査を行っていますので、安心してご来院ください!

TOPへ戻る