坐骨神経痛

  • 腰からふくらはぎの外側にかけて痛みやしびれがある       
  • 体を屈めたり動かすと足の痛みやしびれが激しくなる
  • 横になってもお尻や足が痛む
  • 足に力が入らず、少し歩くと痛みで歩けない
  • 整形外科で坐骨神経痛と診断された

坐骨神経痛でお悩みですか?

坐骨神経痛とは?

 

坐骨神経痛とは、腰から足先にかけて走る坐骨神経が圧迫されることで起きる様々な不調の総称です。坐骨神経痛の特徴は、腰やお尻の深い場所にある大きな筋肉(大腰筋など)の下を走っている「坐骨神経」に沿って痛みが現れます。多くの場合は、腰痛から始まり、お尻や太ももの後ろ、すね、足先などの痛みやしびれが現れるとともに、麻痺や痛みによる歩行障害になる場合もあります。

坐骨神経痛の原因

これまで、腰部脊柱管狭窄腰椎椎間板ヘルニア変形性脊椎(腰椎)などは、この「坐骨神経痛」の主な原因と言われてきました。

特に若い方は腰椎椎間板ヘルニア、高齢者の多くは腰部脊柱管狭窄を原因として発症するとされ、腰椎(背骨の腰の部分)に起こる異常によって坐骨神経が圧迫・刺激され、下半身に痛みやしびれを引き起こすという考えです。

しかし、この【神経の圧迫が坐骨神経痛の痛みの原因】という考えは、坐骨神経痛の根本的な原因とは言えなくなってきています。というのも、その神経圧迫理論に基づく施術では効果を発揮できてないからです。

だとすれば坐骨神経痛の本当の原因は何なのでしょう?

坐骨神経痛の本当の原因

坐骨神経痛の本当の原因、それは坐骨神経に沿った筋肉や筋膜のこわばりや短縮と考えられます。これまで坐骨神経痛は、筋肉の緊張や痙攣による神経圧迫や刺激によって、痛みや神経症状が出るという考えられていましたが、「神経の圧迫は痛みを生じさせない」ことが、最新の痛みの生理学によって明らかになっており、神経圧迫による痛みには矛盾点も多く、医学界でも否定されています。

坐骨神経痛を引き起こす原因となる筋肉はいくつかありますが、主に中臀筋、小臀筋、ハムストリングスなどがあげあれます。これらの筋肉は、日頃からストレッチや運動をする習慣がないと元々動きが少ない筋肉なので血流が滞りがちになります。また、ハムストリングスは太もも裏の筋肉で、デスクワークなどで長時間圧迫されると血の巡りが悪くなり、痛みやだるさを起こします。

アクア整骨院グループの坐骨神経痛の施術

坐骨神経痛の本当の原因は筋肉や筋膜のこわばりや短縮なので、まずは症状の原因となっている筋肉や筋群を特定し、血流を改善することで筋膜のこわばりや短縮をとっていきます。この筋肉のこわばりや短縮のことを医学用語で「トリガーポイント」と言い、このトリガーポイントに対して血流を改善させる施術を行っています。

また当院では、坐骨神経痛の不調の緩和だけでなく、施術後も再発しないお身体づくりを目指しています。その為の生活指導や体操指導とともに、滋賀県唯一の専門施術器具と特注ベッドで背骨調整、骨盤矯正を行い、体の関節のズレをや歪みを整え、正しい姿勢が維持できるよう施術していきます。

TOPへ戻る