変形性腰椎の疾患

  • 就寝時、腰が痛くて起き上がるのに時間がかかる
  • 椅子から立ち上がると腰や臀部に痛みが走る
  • 腰が痛くて重いものを持ちあげらない
  • 腰がだるく、足のしびれや足の冷えを感じる
  • 腰が外側、または内側に曲がってきた

 

変形性腰椎とは?

変形性腰椎について

高齢の方に多く見られる腰痛の中でも、変形性腰椎で悩まされている方が沢山おられます。この変形性腰椎は、何らかの原因で腰椎(腰の骨)が変形したり、椎間板や椎間関節に異常が起こることで不調が現われます。

人の脊椎(背骨)は、約30個の椎骨から形成されています。椎骨の骨と骨は関節でつながっており、その間に挟まってクッションの役目をしているのが椎間板です。この椎間板は、歳を重ねるごとに劣化するので、だんだん水分が減って柔軟性が失われ、つぶれたり薄くなったりします。すると、腰椎に骨棘と言う、骨の一部が棘状に突出したものができて椎間板を傷つけたりするのですが、こうした不調が変形性腰椎なのです。

変形性腰椎の原因

鋭い痛みを伴う「変形性腰椎」は、40代以降に増え始めますが、これは加齢によって椎間板に水分が減っていくからです。水分が減ると弾力性が失われ、脊椎骨のふちが変形して、椎体間の隙間がせばまり、周りの神経が刺激されるので鋭い痛みが生じることもあり、腰にこわばりや鈍痛を感じます。こうした痛みは、寝ている際に寝返りをしたり、椅子から立ち上がる時など、動作の初めに強く出ますが、動き続けていると軽減されるのが特徴です。

アクア整骨院グループの変形性腰椎の施術

変形性腰椎症の予防には日頃から腰に負担をかけない「正しい姿勢」でいることが大切になります。しかし、変形性腰椎の方は、日常の悪い姿勢のくせがついている為、当院では、滋賀県唯一の専門施術器具と特注ベッドで「痛くない背骨調整・骨盤矯正」を行うことで、背骨のズレや骨格の歪みを整え、関節の施術を行うことで根本改善します。
 
また、適度な運動やストレッチは症状改善に役に立ちます。無理のない範囲で体を動かすことで、筋肉の萎縮や衰えを防ぎ、腰を支える背骨周りの筋力をつけて悪化を防ぎましょう。

当院では、そうした体操指導や生活指導だけでなく、背骨や骨盤を支える筋肉を鍛えられる「広域変調波コアレ」で正しい姿勢を維持できるようにトレーニングを行っています。コアレでは、横になってパッドを貼るだけで、天然のコルセットである腹横筋が鍛えられるので、腰痛の再発防止や姿勢改善に必要なその他の筋肉(腹直筋・腹斜筋・大腰筋・腰方形筋など)も鍛えることができます。

変形性腰椎でお悩みの方は、大津市・草津市のアクア整骨院グループへご相談ください。

 

TOPへ戻る