脊椎側弯

  • 肩の高さがや骨盤位置が違う
  • ウエストの太ささが異なる
  • 側方(片側)に湾曲する
  • お辞儀をすると肩甲骨の高さが違う
  • 背中や腰などにだるい痛みがある

脊椎側弯とは?

脊椎側弯

脊椎側弯は、背骨である「脊柱」が左右に大きくズレ、さらに“ねじれ”をともなって湾曲したりする症状のことを言います。通常、小児期にみられる脊柱変形を指します。 左右の肩の高さの違い、肩甲骨の突出、腰の高さの非対称、胸郭の変形、肋骨や腰部の隆起などの変形を生じます。このうち背骨が横に曲がってしまう症状を脊椎側弯と呼びます。

脊椎側弯の主な症状

・側方(片側)に湾曲する
・肩の高さが違う
・腰周りの太さが違う
・骨盤(お尻辺り、周り)の位置が違う

脊椎側弯を放っておくと・・・

こうした歪みを放置して側弯が進行すると、外見でも明らかに違和感を感じるほど姿勢が悪くなり、腰背部痛や心肺機能の低下をきたすことがあります。

・背中、腰などに痛みが発症する 
・胸を圧迫(胸郭変性)し呼吸や循環障害などを起こす
・悪化すると、合併などで内臓系にも支障が出ます

脊柱側弯・後湾の原因

脊椎側弯の原因とは?

脊椎側弯の原因には大きくわけて、機能性側弯と構築性側弯の2種類が存在します。
機能性側弯(背骨に問題がない)
・姿勢の悪さから側弯になる
・椎間板ヘルニアなどの痛みを避ける為に側弯になる
・足の長さに左右差があり代償的に側弯になる
これらは、原因を取り除けば不調を改善できます。

構築性側弯椎骨の積み重ねのバランスが崩れてしまう事で起こる)
不調の約75%は、原因不明の「突発性側弯」です。その多くは成長期の11歳以上の女児に著しく現れます。(割合は男子の5~7倍)姿勢の悪さからくる身体の歪みではないので予防法もなく、痛みなどによる自覚症状もありません。
しかし、進行速度が速いので、早期対応の必要です!

脊椎側弯 大津市・草津市のアクア整骨院グループの施術

 

当院の脊椎側弯の施術法は、ゆがみの度合いと年令に応じて選択されます。

脊椎側弯の歪みがひどくなければ、一般的には生命への影響はありません。しかし、特発性側弯は成長期の女児に多いため、心理的に影響を受けることが多く、受診が遅れることがよくあります。そのため心のケアを行いながら、施術を行っていくことが重要です。

また、当院では、予防・ケアの為の体操指導・生活指導を行い、不調を改善していきます。
・定期的な運動指導
・脊柱支持筋(腹筋・背筋)の筋力強化
・体幹の柔軟性を保つ
・背骨の可動性を広げる生活指導
・理想的な体重の維持
・座っていることの多い生活スタイルを見直す

TOPへ戻る