三叉神経痛

  • 顔に風が当たるだけでも痛い
  • 顔の一部がシビレている
  • 顔の輪郭の左右差(歪み)がある
  • 病院で異常がなく原因もわからない
  • 病院の薬ではなかなか良くならない

三叉神経痛とは?

三叉神経痛は、顔に「別名:自殺痛」とも言われています。ナイフでえぐられるような痛み、電気が走るような痛み、焼けるような痛みなどと表現されるほどのツライ痛みがあります。

「三叉神経」は顔の感覚を脳に伝える神経で、脳から出て目と上顎(あご)、下顎に向けて3つに分かれて伸びているため、「三叉」神経と呼ばれています。食事、歯磨きの際などに、片方のおでこ・頬・下あごのどこか1か所か2か所に、数秒から1~2分、かなり強い痛みが出ます。 それ以外のときは、全く痛みがないことも特徴です。

40歳以降に多く年齢とともに増加し、比率として女性は男性の2倍の傾向があります。三叉神経は顔の知覚の他に鼻腔や口腔内の知覚もつかさどるので、鼻腔内や口腔内にも痛みを起こすことがあります。また左右どちらか片方に不調が出るケースがほとんどです。

 

三叉神経痛の原因とは?

三叉神経痛の主な原因

三叉神経は脳神経の中で最も大きな神経です。眼神経、上顎神経、下顎神経の三つの知覚神経に分かれており、下顎神経には運動神経も入っています。

(a)眼神経
眼神経は眼窩を通り抜けて前方へ走り、眼球、結膜、上眼瞼、涙腺神経、前頭部、鼻背の皮膚、鼻腔前部などを感覚性に支配します。
(b)上顎神経
上顎神経は翼口蓋窩へ入り、上顎の歯、頬の皮膚、上顎洞、口蓋と上唇の粘膜、頬粘膜、眼窩下神経などを感覚性に支配します。
(c)下顎神経
下顎神経は三叉神経の中で最も大きな枝で、卵円孔を貫き、側頭下窩に現れ、側頭部の皮膚、頬後部の皮膚、下歯、歯肉、下の前三分の二、下唇の粘膜などを感覚性に支配します。また、咀嚼筋などを支配する運動性の線維も含みます。

 

三叉神経痛の最も多い原因は、脳動脈硬化によって動脈が延長蛇行し、脳の奥の脳幹という部分の近くで三叉神経に触るようになることです。(高齢者に多い理由のひとつ)
また、若い人の場合は、脳腫瘍や血管奇形が原因となって三叉神経を刺激していることが多いです。
その他まれに、かぜ・インフルエンザ・ヘルペス・耳鼻歯科の疾患・糖尿病・内分泌疾患・中毒・外傷等で引き起こされる場合もあります。

三叉神経痛の施術

当院では、三叉神経痛の改善として、痛みという不調だけを取るその場しのぎの対症療法ではなく、三叉神経痛を生じさせてしまった身体の内部の原因から取り除く、根本治療を行っています。

TOPへ戻る