変形性股関節の疾患

  • 爪切りや靴下を履く体勢が辛い
  • あぐらをかけない
  • 階段の昇降や車の乗り降りが辛い
  • 痛みで寝返りがしにくい
  • 歩行困難である

変形性股関節とは?

変形性股関節の不調とは?

変形性股関節の疾患は、関節の痛みと機能障害で、股関節が痛くなる代表的な病気です。関節を滑らかに動かすために骨の表面を覆ってクッションの働きをしている「関節軟骨」が、何らかの理由ですり減って起こります。生まれつき股関節の作りにやや問題がある「先天性股関節脱臼」や「先天性臼蓋形成不全」などのある人が変形性股関節をおこすケースが多いですが、そういった股関節の異常のない人が老化などにより変形性股関節になることもあります。

股関節は鼠径部(脚の付け根)にあるので、最初は立ち上がりや歩き始めに脚の付け根に痛みを感じます。関節痛が進行すると場合によっては持続痛(常に痛む)や夜間痛(夜寝ていても痛む)に悩まされることになります。

一方日常生活では、足の爪切りがやりにくくなったり、靴下が履きにくくなったり、和式トイレ使用や正座が困難になります。また長い時間立ったり歩いたりすることがつらくなりますので、台所仕事などの主婦労働に支障を来たします。階段や車・バスの乗り降りも手すりが必要になります。

変形性股関節へのアクア整骨院グループの施術

変形性股関節の原因

女性に多い変形性股関節ですが、発育性股関節形成不全の後遺症や股関節の形成不全といった子供の時の病気や発育障害の後遺症が股関節症全体の80%です。最近は高齢化の影響で年齢とともに発症してくるケースがあります。関節は一生に一個しかありません。変形性股関節と診断されたら、まず負担を減らして大事に使うということが大切になります。初期は、自分の関節の調子を観察し、“日常生活”と“痛みを悪くしない使い方”をよくマッチさせることが大切です。過体重の場合はダイエットも考え、心理的抵抗がなければ杖の使用もお薦めします。

変形性股関節のアクア整骨院グループの治療

出産経験者、運動をしている方、重い荷物を持つことが多い方は、股関節に負担をかけています。特に、ランナー、ゴルフ、テニス、野球、サッカー、バレエは負担がかかりやすいスポーツですが、股関節痛を解消するには、股関節に対してだけの治療では症状は良くなりません。骨盤の歪みや股関節のズレを引き起こしている【原因】を改善していく必要があるのです。

当院に来院される股関節痛の方は、最初は病院へ行き、治療もあまりされないということで、今度は保険診療をおこなっている整骨院へ行き、電気施術やマッサージ、ストレッチをしても良くならず、当院へ来院というケースが多いです。このように、なかなか良くならないのは股関節に対してだけの施術をうけているからです。一日も早くお悩みが改善されるよう、ぜひ一度当院へご相談ください。

また、痛みがあるとどうしても歩かなくなり筋肉が衰えてしまいますので、できれば水中歩行や水泳を週2~3回行うのが理想的です。ただし、運動療法はどうしても疼痛を誘発してしまう可能性がありますので、慎重に始めて徐々に強度を高めていきましょう。

TOPへ戻る