半月板損傷

  • 膝に何か引っかかったような違和感を感じる
  • 膝の内側、もしくは外側が痛む
  • 激しい痛みとともに急に膝が動かなくなった
  • 正座ができない、しゃがみこめない
  • 膝を完全に伸ばすと痛む

半月板損傷について大津市アクア整骨院がご説明します

半月板損傷とは?

半月板は、膝関節の内側・外側に一つずつある、消しゴムほどの硬さの軟骨組織です。

膝関節の大腿骨と脛骨のすきまにあって、関節の適合性や安定性をよくし、荷重を吸収分散して円滑な動きをさせています。

この半月板が損傷すると、膝の曲げ伸ばしの時に痛みやひっかかりを感じたりします。

ひどくなると、膝に水(関節液)がたまったり、急に膝が動かなくなる“ロッキング”という状態になり、歩けなくなるほど痛くなります。

半月板の原因

半月板は、主にスポーツ活動などによって膝にひねりがかかって損傷します。

スポーツ活動により損傷が生じることが多いのが内側半月板で、外側半月板は生まれつき半月板の形態が大きい場合(円板状半月板)に損傷が自然に出てきます。

大津市アクア整骨院グループの半月板損傷の施術

半月板が損傷している方の多くは、骨盤や股関節にも同時に異常をきたしているケースがほとんどです。

というのも、骨盤と股関節、膝関節の動きは連動しているからです。

そこで大津市アクア整骨院グループでは、まず骨盤の状態をチェックした上で骨盤や股関節を調整していきます。

そうすることで膝関節のねじれも取れていき、より治りやすい状態になっていきます。また、プロ野球選手の骨折や怪我の早期回復にも使われる特殊施術器で、痛みの回復速度を高めていきましょう。

大津市アクア整骨院グループの半月板損傷に対する施術は、はじめから膝の周りを触らないので不思議に思う方もいらっしゃいますが、実は人体の構造上全てが繋がっていますので、こういった手順で施術を行っています。

骨盤や股関節の状態が悪い状態のまま膝が癖づいてしまうと、その後も怪我をしやすく、後遺症が残る場合がありますので注意が必要です。

痛みを軽減させるだけではなく、早期の競技復帰やパフォーマンスアップ、怪我の予防も含めた施術を行っていきますので、お気軽にお問い合わせください。

TOPへ戻る