肘内障

  • 痛みがひどくて腕を上げられない
  • 子供が手を動かさない
  • 肘を曲げずにだらんとしている
  • 動かそうとする痛がる
  • 子供の手を強く引っ張ってしまった

肘内障について|大津市アクア整骨院グループ

肘内障とは?

肘内障とは、2~6歳の子供に多くみられる症状で、友達に腕を引っ張られたり、転んだ際に不自然に手をついたら動かせなくなったりといった時になっている亜脱臼のことで、肘が外れている状態のことを言います。

腕が完全に抜けているわけではなく、骨と骨をつないでいる肘の靭帯がずれてしまった状態です。肩を触って痛がらなければ、脱臼ではなく肘内障です。

外れた直後は痛がって泣き出しますが、肘を曲げることができないので腕をだらんと垂らしていると落ち着きます。

痛みが強く、赤ちゃんは繰り返すため、むやみに動かさずに当院へご来院ください。

時間がたてばたつほど骨が戻りにくくなるので、早めに受診し治ってもしばらくは無理をさせずに様子を見てください。

また、同じように痛みで腕を上げない場合でも、鎖骨や上腕骨を骨折している場合もありますので、自己判断で肘が抜けたと決めつけるのは危険です。

早めの受診で正しく整復していけば、肘内障はその場で痛みも引きますし、包帯などの固定もいらなかったりします。

肘内障の原因とは?

肘の靭帯から肘の外側の骨が外れかかることで起こり、多くは5歳以下の子供に見られます。

子供が手を引っ張られてた後などに痛がって腕をさげたまま動かさなくなります。

腕の日本骨のうち親指側にある橈骨とういう骨は肘からぬけないように橈骨臨場靭帯という靭帯でバンドのように固定されていて、ドアノブを回すような前腕の回線運動はこの橈骨輪状靭帯の中を橈骨が回転することによってなされています。

しかし、幼い子供の場合、関節が緩く橈骨自体が一部軟骨成分であることもあり、腕を引っ張られた力によってスポッと抜けたり亜脱臼しやすいのです。

肘内障の大津市アクア整骨院グループの施術

アクア整骨院では、お痛みのひどい方への治療は早急にさせていただいております。

まずはお電話でお問い合わせください。

問診では、お痛みが出た時の状況をお聞きし、転んだなどの原因がなく手を引っ張った際に生じたものであれば、肘内障(肘関節脱臼)を疑い、各種検査と骨折の可能性がないか鑑別診断をします。

これによって肘内障とわかれば、肘の状態を説明しその場で徒手整復を行います。

徒手整復後は、患者様が手を使える状態になるまで様子を見ていただき、再発防止のための対策をご説明します。

TOPへ戻る