ベーカー嚢腫・ベーカー嚢胞

  • 膝を曲げたり伸ばしたりする動作に違和感がある
  • 膝裏にゴルフボール半分ぐらいの塊ができている
  • 足を伸ばしたとき、ひざが反りすぎてしまう(反張膝)
  • 膝の裏側が腫れている
  • 膝裏に圧迫感がある

ベーカー嚢腫・ベーカー嚢胞とは?


ベーカー嚢腫・ベーカー嚢胞とは、膝の裏にある関節包に関節液や脂肪が溜まり膨らんでくる症状を言います。膝の後ろにある滑液包と言われる袋に炎症が起こり、その袋に水が溜まることにより生じるゴルフボール大の腫瘤で、50代以降の女性に好発します。

この滑液包とは、関節が動くことにより生じる腱や靱帯の摩擦や刺激を少なくするための潤滑油が入った袋のことで、さまざまな関節の近くに存在します。 膝関節の周辺には10数個の滑液包があります。
ベーカーという人が結核菌による膝関節炎に合併する嚢腫として初めて紹介した為、このような名前がついていますが、実際は、結核菌による関節炎よりも、変形性膝関節、慢性関節リウマチといった膝の関節炎に合併して起こることが大半です。

 ベーカー嚢腫・ベーカー嚢胞の原因とは?

膝が反り過ぎていたり真っすぐ過ぎる場合、膝にかかる衝撃や負担を力学的にうまく逃がすことができず、関節面に疲労が蓄積されます。これを防いだり滑らかにする防御反応により関節液が溜まって、膝の裏側にある内側腓腹筋滑液包と半腱様半膜様筋滑液包の炎症が起こってくることをベーカー嚢胞・ベーカー嚢腫と呼びます。

主な原因は膝裏へのストレスが掛かるようなことが日常で起きていることです。
  ・変形性膝関節症
  ・関節リウマチなどで膝の関節に変形が起きている方
  ・反張膝といって真っ直ぐ膝を伸ばした時に膝が反りすぎてしまう方(膝の過伸展)
  ・外反母趾の方
 などに起こりやすいです。

ベーカー嚢腫・ベーカー嚢胞の不調

ベーカー嚢腫・ベーカー嚢胞は、基本的に痛みは少なく、膝の裏がはれている、膝を曲げる際に圧迫感、違和感がある程度のものです。特に正座をすると膝の裏に詰まるような違和感や痛みが出ますが、全く不調が出ない方もいます。

しかし進行してくると、しゃがんだり正座が出来なくなることもあり、袋の中に溜まった水が多くなってくると、強く痛んだり、袋が破れて静脈炎を起こしたりすることがあります。

ベーカー嚢腫・ベーカー嚢胞のアクア整骨院グループの施術

病院でベーカー嚢腫と診断されると、溜まっているものを抜くしかない。と言われる方が多いようです。しかし、ベーカー嚢腫は変形性膝関節症での負担や日常の悪い立ち姿勢や歩き方によって起こってきます。その為、膝に負担の掛かりにくい姿勢を手にしなければ、根本的な改善にはならず、再発することも多いのです。

そこで、アクア整骨院グループではベーカー嚢腫に対し、根本的原因である姿勢や歩き方の改善を目的として、背骨・骨格矯正×筋・筋肉調整×トレーニングによる3つの施術で根本治療を行います。また、歩き方の指導、日々のストレッチ方法などセルフケアの方法もお伝えいたします。

ベーカー嚢腫・嚢胞でお悩みの方は、是非一度、アクア整骨院グループへお越し下さい!

TOPへ戻る