起立性調整障害

  • 朝、気分が悪くてなかなか起きれない
  • 寝起きにめまいや動機、息切れがする
  • 午前中、ふらふらしたり体がだるい
  • 午後になると朝の体調不良もおさまってくる
  • 朝は食欲が出ない

起立性調節障害でお困りですか?

起立性調節障害とは?

起立性調節障害(OD)は、自律神経失調症の一種「めまい」や「朝起きられない」、「午前中具合が悪い」といった低血圧の不調による自律神経のバランスの乱れが原因で起こります。

10から16歳くらいの思春期の子供に多く起こり、日本では小学生の5%、中学生の約10%、男女比は 1:1.5〜2 と報告されており、大人でもかかることがあります。
規則正しい生活が送れないため、怠け者など周囲の誤解を受けることがあり、精神的にもつらい病気です。

起立性調節障害の原因

起立性調節障害は、自律神経である「交換神」と「副交感神」の互いの役割バランスが乱れることで、血圧や心拍をコントロールする「代償機構」が破綻して起こります。起立や座位で脳血流が減少し、血液による酸素と栄養の供給が悪くなるのが原因です。体が急に成長する思春期に起こりやすい病気ですが、早期に発見し適切な施術をすると回復は容易です。

ところが、思春期の子供は、心理的には家族に不調を伝えたくない、知られたくないなどプライベートを隠す傾向があるので、保護者が子供の様子をよく観察してあげる必要があります。

起立性調整障害の主な不調

次のような不調が3つ以上見られるときは、起立性調節障害が考えられます。
とくに、遅刻や欠席が目立つようになった場合には一度、専門医に相談してみましょう。

 

  • めまい立ちくらみがよく起こる
  • 疲れやすく、疲れがなかなか抜けない
  • 少しの運動で、息切れ動悸がする
  • 朝なかなか起きられない
  • 午前中は思考力、集中力がない
  • 午後から夕方になると、体や頭が回復する
  • 食欲がないことが多い
  • 乗物酔いをするようになった
不調で分かれる、4つのタイプ

起立性調節障害には、症状の特徴によって次の4つのタイプに分かれます。

 

起立直後性低血圧

起立直後に血圧が大きく低下し、正常に回復するまでに時間がかかります。
血流や血行が悪く、特に脳への酸素不足で立ちくらみ・ふらつきが頻繁に見られます。

交換神経の活動が鈍く、常に倦怠感に悩まされます。一般的に一番多いタイプです。

体位性頻脈症候群

起立直後の血圧は正常ですが、しばらくして著しい心拍数の増加(1分間に115回以上)が見られます。

健康な人の心拍数は、1分間に約70〜80回ですから35回以上増えています。全身がだるく、ふらつき、頭痛が起こります。

神経調節性失神

起立直後の血圧は正常ですが、時間が経つと顔面蒼白になって血圧が突然低下し、意識がもうろうとなり失神することがあります。
まれに痙攣発作を起こします。朝礼で生徒が失神して倒れるのはこのタイプです。

遷延性(せんえんせい)起立性低血圧

起立直後の血圧と心拍は正常です。
しかし、起立後約3~10分後に血圧が15%以上下がり、動悸・冷や汗・気分不良を起こします。比較的珍しいタイプです。

アクア整骨院グループの起立性調整障害の施術

起立性調節障害は、心の問題ではなく、体の不調が原因です。

患者様本人はもちろんのこと、ご家族や友人など周りの人が理解するところから改善ははじまります。焦らずじっくりと取り組むことが大事なので、前向きに施術していけるよう、周りの人は穏やかに見守ってあげましょう。

アクア整骨院グループでは、自分でもできるセルフケアの指導をします。患者様には、日常生活でいくつか注意して生活してもらうことを指導し不調を和らげます。

  1. 起床と就寝時間を少しずつ改善していく
  2. 水分や塩分などの摂取量の見直し
  3. 立ち上がる時指や姿勢の指導
  4. 軽い運動療法
  5. 生活習慣の見直し

これだけでも3年後には、約70〜80%回復します!

効果は体質や不調によって様々で、すぐに改善するとは限りませんが、軽い人では数ヶ月以内に改善するようです。日常生活に支障のある中度では、1年後の回復率は約50%3年後は約7080%といわれています(起立性調節障害ガイドラインより)。

患者様が小学生であれば、生活の注意点を先生に伝えることが大事です。患者様本人が生活を少しずつ改善しても、体が回復するのには時間はかかるかもしれません。お身体と会話しながら、ゆっくり回復していけるよう、アクア整骨院グループへ一度ご相談ください。

TOPへ戻る