上腕骨内側上顆炎でお困りなら大津市・草津市のアクア整骨院へ

滋賀県大津市末広町2-24
tel:0775225380

滋賀県草津市新浜町300
tel:0775965496

上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)

  • 肘の内側の痛みが続く
  • 雑巾を絞ったり腕に力を入れると痛みが出る
  • ゴルフをする時や野球でボールを投げる時に肘の内側が痛む
  • 顔を洗う時に手のひらが顔に当たると肘が痛む
  • 肘の内側を押すとズキン!と強い痛みがはしる

上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)でお困りの方は大津市・草津市のアクア整骨院へ

上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)とは?

上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)とは、使い痛みによって肘の内側が痛くなる疾患です。

上腕骨外側上顆炎(テニス肘)に比べると、発生頻度は比較的低いといわれています。その理由として、伸筋群(手首を反らす)の筋肉が屈筋群(手首を内側に曲げる)より弱い為、過度のストレスに対する耐久力が弱いためと考えられています。

手の頻回使用により、屈筋群に慢性の外的刺激が加わり、屈筋・回内(ドアノブを握って内側にひねる動作)筋群の腱線維の微小亀裂が生じ、さらに、周囲の線維化や肉芽形成が起こってくると考えられています。

この変性変化は円回内筋・橈側手根屈筋移行部に初発するといわれており、内側上顆へのストレスが持続すると内側上顆付近に石灰化を伴ったり、滑液包炎を生じ、より難治性となります。

物を持ち上げたり、手に力を入れる動作時に疼痛が増強する疾患です。

腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)の治療はアクア整骨院へ

肘の痛み(ゴルフ肘)内側上顆炎の本当の原因

原因は腕や手首の使いすぎや使い方の間違えといわれていますが、実はそれが根本の原因でない場合がほとんどです。腕を痛めているので、原因も腕にありそうですが、実は違うのです。
本当の原因をつきつめていくと、身体のバランスが崩れていたので、腕に負担がかかっていたということです。
例えば、ペットボトルを開ける動作、雑巾をしぼる動作、物を持つ動作など、手や腕で全て動作を行っている様に思えますが、実は身体全体を使ってその動作をしているのです。そこで、骨盤や背骨、肩の関節などのバランスが崩れていると、腕や手ばかりに頼ってしまうため、肘にひずみが生じて痛めてしまうのです。
肘を痛めてしまった、または痛めた後なかなか治らない場合は、身体のバランスが崩れている場合が殆どです。

腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)は大津市・草津市のアクア整骨院へ

アクア整骨院の上腕骨内側上顆炎(ゴルフ肘)の治療は、根本的原因であるサブラクゼーションをしっかりと検出し矯正する事で、肘への負担を早急に減らして早く治しいきます。

※真のサブラクゼーションを発見するのは、レントゲンやMRI・CTでは不可能であり、触って初めてわかるものなので、背骨や骨盤・股関節・膝関節などの骨を一つ一つ触る先生は信用できます。

患者様の声 | 大津市・草津市アクア整骨院

TOPへ戻る

  • HOME
草津院はLINE@で予約受付中!

施術メニュー

  • 背骨・骨盤矯正
  • 交通事故・むちうち
  • 交通事故特設サイト
施術者募集中

アクア整骨院 院長ブログ

アメブロ